フォトウエディングという考え方

2人の愛を形にして祝福してもらうのが結婚式です。一生幸せに生活するために式を挙げて愛を誓います。昔は結婚式だけでなく披露宴も盛大にやるのが一般的でしたが、今は様々なスタイルがあり、それぞれの意思を尊重して新郎新婦が納得する形を選んでいます。

個々を尊重し多様な考え方が広がる中で、近年フォトウエディングという言葉が注目されるようになりました。新たなサービスとして注目されているフォトウエディングは、結婚式を挙げずに写真の撮影のみ行う形式です。式を執り行わないといっても、思い出として衣装を着用し、撮影するのが特徴です。洋装だけでなく和装で写真撮影をすることもできます。

節目として挙式や披露宴をしないというのはありなのだろうか、と疑問を抱く人もいるかもしれませんが、スタイルが多様化している中で質素に済ませたいというカップルが増えています。二人が幸せなら写真撮影をするだけでそれが思い出となり、幸せの形としていつまでも残すことができます。結婚式の代わりに写真を撮影することを選択する人がいるからこそ、フォトウエディングのサービスが充実していることを理解して、自分たちが利用したいサービスを選択するようにしてください。